ソーシャルフットボール日本代表キャラバン(山中湖)のご報告

2022年7月3日(日)、山梨県の山中湖にてソーシャルフットボール日本代表キャラバンを開催しました。

 

当日参加する方々が気持ち良くプレーできるよう、前日の2日(土)に山梨県の選手・スタッフ約20名により、会場である東照館体育館の掃除からコート設営、備品の準備等、ひとつひとつ手作りで準備しました。

開催前日まで連日40℃を超す地点があるような猛暑でしたが、山中湖では当日の最高気温28℃と涼しい気候の中、参加者・スタッフ総勢約50名がフットサルを通して交流を図りました。

奥田監督によるクリニックではアイスブレイクから始まり、フットサルの基本的なプレーを丁寧に分かりやすく伝えてくれました。参加者も大いに興味を持って耳を傾け、その後のプレーへ生かしていました。

宮竹ゴレイロ(キーパー)コーチも参加し、指導者がなかなか少なく専門的な指導を受けづらい選手たちに対して、短い時間ではありましたが、刺激あるトレーニングを行っていました。

シュート練習やゲームでもトレーニングの成果が出る場面が多くありました。

ランチ交流会では、まず初めに佐々理事長によるソーシャルフットボールについての現状や地域に期待すること等の話があり、続いて奥田監督から日々感じていることや想い・指導上のポイント等、日本代表候補選手からはこれまでの経験を踏まえたソーシャルフットボールの意義について話しをしてもらいました。

参加者は頷きながら聞き入っており、質問も多く出ました。

午後のクリニックは今回ゲーム中心で行い、お互いにコミュニケーションをとりながらチームでゴールを目指す場面が見られました。

また、日本代表候補選手5名が午前・午後とクリニックに参加し、積極的に参加者に話しかけ、フットサルのアドバイスを言葉だけでなく、プレーでも見せていました。

ゲームの最後には、キャラバン参加者vs日本代表候補選手チームとの試合を行い、違いを見せていました。

 

一日を通して参加者の笑顔を多く見られ、新たな発見が多くありました。

キャラバンの第一歩目として前に進むことができたと考えております。


参加者の声を紹介いたします。

実際に日本代表候補選手のプレーを目にして、そのスピードやテクニックを身近で感じることができ、とても良い機会となりました。また、同じように障がいを持つ方と交流を持つことができ、輪が広がったと感じています。今自分自身はチームに所属していないが、チームに所属しプレーする機会を持ちたいと思います。』(参加選手より)

 

今回キャラバンで目標としていたことは、山梨のソーシャルフットボールの活性化やより上を目指していけるような機会になればと思っており、陰ながら応援させていただいていました。皆さんのプレーや教えていただいている様子を見ると、段々と目が輝いていくのが、端から見ていても変わっていくことがわかり、普段の練習では見られないような本当に良い表情をしていて、感動を覚えました。このような機会や体験を参加者皆さんが持ち帰っていくと思うので、日頃の練習や生活に生かしていけたら大成功かなと思っています。あと、様々なスタッフや協力してくれる方々が多くいて、選手の方からも労いの言葉をかけてもらったり、施設をきれいに使ってくれてすごく嬉しく思いました。またこのような機会がありましたら、ぜひよろしくお願いします。』(参加スタッフより)

 

東照館様、今日は素晴らしい施設や環境を用意して下さり、本当にありがとうございました。奥田監督のクリニックでは、僕も目から鱗で、ドリブルの仕方を教わることがあったので本当に楽しかったです。甲信越地域の皆さんのご協力をいただき、本当にありがとうございました。』(日本代表候補選手より)

 


今回の山中湖キャラバンに際して、ご協力いただきました団体様をご紹介させていただきます。

【一般社団法人山梨県サッカー協会 様】運営の補助や視察に来ていただき、また、日本代表チームにも備品のマーカーを贈呈していただきました。

【公益財団法人住吉偕成会住吉病院 様】スタッフ派遣や、前日準備での飲み物、キャラバン当日参加者全員へ山梨銘菓をご提供いただきました。

【小澤こころのクリニック 様】スタッフ派遣やキャラバン当日に参加者へスポーツドリンクをご提供いただきました。

【東照館 様】体育館やランチ交流会会場等をご提供いただきました。

【健康科学大学 様】運営ボランティアとしてお手伝いいただきました。

 

【一般社団法人山梨県サッカー協会 様】      【健康科学大学 様】

 

この場をお借りして厚く感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

最後に参加者の皆様、当日お越しいただき、ありがとうございました。

また次回以降、様々な地域にお邪魔させていただき、多くの方々と一緒にボールを蹴れることを楽しみにしています。

続きを読む

前へ次へ