情報流出のお詫び

関係者の皆様

 この度、弊協会では、著作権に抵触する恐れがある為外部への公開を控えていた動画が、インターネット上で閲覧可能になっているとのご指摘を外部から受けました。事実関係を調査いたしましたところ、担当者間の共有不足・不理解が原因で、この動画が6月14日22時から6月15日6時30分まで一般ユーザーがインターネットから閲覧可能になっていたことが判明致しました。
 一時閲覧可能となっていた動画に関しては個人情報保護の観点からは問題となるものではありませんが、著作権に触れる可能性は否定できず、また情報管理の観点から問題があったと考えております。
 今回の件により、関係者皆様には多大なご迷惑とご心配をおかけしておりますこと、深くお詫び申し上げます。
 弊協会では、この件を契機に、なお一層のコンプライアンス体制の確立を図り、あわせて個人情報保護についても法令順守を徹底してまいる所存です。

令和4年6月27日
特定非営利活動法人日本ソーシャルフットボール協会
理事長 佐々 毅

続きを読む

前へ