メールニュースの情報漏洩に関してのお詫びとご説明

JSFA メールニュース読者の皆さま

個人情報の流出について

この度、弊協会では本来出てはならない読者の個人メールアドレスが、5月1日に配信したメールニュース上に流出しているとの御指摘を受けました。
流出した情報は、弊協会メールニュースの配信の為登録いただいたメールアドレスです(名前、住所、電話番号は流出しておりません)。情報流出の対象となったすべての皆様方には、お詫びとご説明をさせていただきます。

流出の経緯及び対応策について

  • 発生日時:2022年5月1日7時41分
  • 発生事象:担当者がBCCを使用せずにメールニュースを誤送信
  • 漏洩情報:メールニュース読者メールアドレス
  • 影響範囲:メールニュース読者の皆様
  • 発生事由:担当者がTo欄記入に気づかないで送信したこと
  • 改善策:
    1. メールニュース執筆担当者は、メールニュースの文面作成及びメールアドレス入力までとする
    2. 今回から新たに送信担当者を置き、当該メールニュースをダブルチェックの上送信する

情報が流出してしまいました皆さまには、大変ご迷惑、ご心配をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。

弊協会では、個人情報の取扱いにあたっては情報管理の徹底に努めてまいりましたが、このような情報流出が発生したことを踏まえ、今後は更なる厳格な取扱いをはかって再発防止に全力で取り組んでまいります。

なお、メールアドレスの変更等、個人情報の変更には迅速に対応させていただきます。

令和4年5月1日
日本ソーシャルフットボール協会
理事長 佐々 毅

続きを読む

前へ次へ