関東大会2021 決勝トーナメント開催報告

全国のソーシャルフットボールに携わる皆様へ

3月13日(月)ミズノフットサルプラザ味の素スタジアム(東京都調布市)にて関東大会2021決勝トーナメントが開催されました。

予選リーグを勝ち抜いた千葉、東京、埼玉、神奈川を代表する4チームの戦いとなりました。

決勝トーナメント結果

優勝 Espacio (千葉県)
準優勝 FCイグナル (東京都)
3位 FREM FC (埼玉県)
4位 FC PORT (神奈川県)

*クリックすると拡大します

 

個人賞

最優秀選手賞 藤原 仁 (Espacio)
なでしこ優秀選手 中村 咲歩 (FC PORT)
得点王(7得点) 橋口 孝志 (FC PORT)

 

各チームの健闘をたたえるとともに、皆さまの笑顔、真剣な顔、興奮、怒号も含めて、やはり真剣な競技大会の魅力だと思います。

コロナ禍による様々な制約もありながら、大会を開催できたことを心から感謝いたします。

埼玉の予選、東京の決勝、大会運営にご協力をいただいたSSFA・ここリカの皆さま、及び審判団の皆様、誠にありがとうございました。

また、すべてのソーシャルフットボールに携わる皆様に、本大会を無事に開催できましたことをご報告差し上げます。

コロナ禍が収束し、以前通り全国でボールを追いかける真剣勝負が繰り広げられることを心より願っております。

続きを読む

前へ次へ