国際大会・日本代表

ソーシャルフットボール日本代表/DREAM WORLD CUP 2018

■セルジオ越後氏 応援メッセージ

2018年5月にイタリア/ローマで開催される第2回ソーシャルフ ットボール国際大会へ派遣するメンバーを選出しましたので発表いたします。
なお、第2回大会は精神保健の先進国であるイタリアで開催されます。第2回大会より 、多くの人に夢を与えられる大会を目指し、関係各国議論の末、 世界大会の呼称を「DREAM WORLD CUP 2018」に変更しました。

■ソーシャルフットボール日本代表スタッフ

役職 氏名 所属
統括マネージャー 真庭 大典 JSFA競技委員長
監督 奥田 亘 シュライカー大阪
コーチ 鈴木 和師 桐蔭横浜大学
辻  紫苑 桐蔭横浜大学
宮竹 晴紀 ジャグランカ ※国内キャンプのみ
トレーナー 岩根 達郎 おこしやす京都
大角 浩平 Espacio
マネージャー 大島 誠 大阪ソーシャルフットボール協会

■ソーシャルフットボール日本代表

ポジション 氏名 所属
ゴレイロ 川岸 浩二 リベルダージ北海道
原田 洋行 Espacio
フィールドプレイヤー 竹内 晋平 リベルダージ北海道
中島 大輔 エスプランドルみやぎ
黒沼 直樹 Espacio
竹田 智哉 Espacio
松嵜 俊太郎 Espacio
小林 崇太郎 エストレージャあいち
加村 有弘 YARIMASSE大阪
小林 耕平 YARIMASSE大阪
北澤 誠司 おこしやす京都
八木 英充 長崎ワイルドアミーゴズ
ポジション 氏名 所属
バックアップメンバー 佐藤 拓 カンパネラ岩手
鈴木 大貴 カンパネラ岩手
松下 祐三 FREM FC

4月14日(土)〜4月15日(日)に東京都内で行う代表キャンプには、バックアップメンバーも含め参加します。
皆さまからの応援を、よろしくお願いいたします。

■日本代表活動スケジュール(予定)

日程 名称 会場
2018年4月14日(土)〜15日(日) 強化合宿 東京都内
2018年5月8日(火)〜9日(水) 最終合宿 未定
2018年5月10日(木)〜17日(水) 第2回ソーシャルフットボール国際大会 イタリア・ローマ

奥田亘氏がソーシャルフットボール日本代表監督の契約締結

JSFAは奥田亘氏とソーシャルフットボール日本代表監督の契約締結をしましたので報告いたします。
ソーシャルフットボール日本代表は、2018年5月に開催予定の第2回ソーシャルフットボール国際大会(イタリア/予定)に出場予定です。

NPO法人日本ソーシャルフットボール協会キャプテン岡村武彦

奥田亘監督(左)とJSFA岡村理事長(右)

【奥田亘氏プロフィール】
奥田 亘(おくだ わたる)
1984年1月21日生まれ

【略歴】
シュライカー大阪→バサジィ大分→シュライカー大阪
Fリーグ開幕時からプロフットサル選手としてプレー。
日本代表候補にも召集される。
2016−2017シーズンにはFリーグ、全日本選手権制覇を達成し現役を引退。
現在は後進を育てる為にシュライカー大阪スクールコーチとして活躍中。
2014年より大阪府主催の精神障がい者フットサル交流会の講師としてソーシャルフットボールへの指導経験を持つ。
ソーシャルフットボール日本代表監督として第1回ソーシャルフットボール国際大会(2016年)にて優勝へ導く。

【日本サッカー協会公認指導者ライセンス】
フットサルB級ライセンス
サッカーC級ライセンス
キッズリーダー

■奥田 亘(おくだ わたる)監督コメント
与えられた監督としての役割をしっかりと進めていきたい。 関係者と協力し、国際大会では頂点を目指したいと思います。

■JSFA岡村理事長コメント
第1回大会につづいて連覇を目指して頂点をめざしてがんばってもらいたい。信頼と期待をしています。

ソーシャルフットボール日本代表セレクションについて

NPO 法人日本ソーシャルフットボール協会 日本代表選考委員会

目的 第2回ソーシャルフットボール国際大会(2018年5月イタリア開催予定)に出場する日本代表選手を選考する。
競技 フットサル
日程 [関東]2017 年12 月 3 日(日)
[関西]2017 年12 月10 日(日)
会場 [関東会場]新宿コズミックスポーツセンタ—(東京都新宿区)
[関西会場]マグフットサルスタジアム(大阪市住之江区)
申し込み締め切り 2017年9月30日必着
開催趣旨 フットボール・フォー・オールの理念のもと、国内外の精神障がい者フットボール競技の普及・推進・発展に寄与することを目的とし、冒頭の大会に日本代表チームとして出場する。さらに本プロジェクトを通じて、精神障がい者に対する社会的認知の向上、ならびに共生社会の実現への貢献も目指す。
ソーシャルフットボール日本代表のミッション ①ソーシャルフットボール国際大会連覇
②経験を未来につなげること(選手自身の人間的成長、社会貢献への意識など)
③「精神障がい」という障がいのイメージを、フットボールを通じて変えていく。
セレクション参加にあたって注意事項 ※参加する選手はJSFA 正会員であり、所属チームはJSFA 登録チームであること。また、チーム関係者から推薦を得られた者であること。
※参加できるセレクションは、関東もしくは関西のどちらか一方とする。
※セレクションへは必要書類を記載し申請後、JSFA 内で協議、承認された選手のみが参加できる。また、参加の承認通知に関してはメールにて行う。
申し込み・問い合わせ先 〒569-1041 大阪府高槻市奈佐原4−10−1
新阿武山病院NPO 法人日本ソーシャルフットボール協会 日本代表選考委員会真庭大典
TEL 070-5376-4124
E-mail:jsfa.kokusai2016@gmail.com
(迷惑メールの設定などを解除しておいてください)
※個別での対応は致しません。チームの代表が対応してください

ソーシャルフットボール日本代表セレクション要項及び申込書

第1回ソーシャルフットボール国際大会 World Championship for People with Mental Health Problems

◀クリックすると大会リリース(PDF)をご覧いただけます。

2016年2月26日(金)~28日(日)に大阪のJ-GREEN堺にて、第1回ソーシャルフットボール国際大会が開催されました。

開催趣旨
フットボール・フォー・オールの理念のもと、国内外の精神障がい者フットボール競技の振興、発展に寄与することを目的とし開催する。さらに、精神障がい者のフットボール推進を通じて、精神障がい者の社会参加の促進、並びに共生社会の実現への貢献も目指す。

全国大会
スポーツ振興基金
主催 NPO法人日本ソーシャルフットボール協会
共催 一般社団法人大阪府サッカー協会
公益社団法人日本精神保健福祉連盟
主管 一般社団法人大阪府サッカー協会
開催日時 2016年2月26日(金Fri)ー28日(日Sun)
参加国 イタリア(Italy)・日本(Japan)・ペルー(Peru)
競技会場 J-GREEN堺
宿泊施設 J-GREEN堺ドリームキャンプ
参加資格 WHO ICD-10国際疾病分類の主にF2(統合失調症)、
F3(気分障害)を中心とするが、
他の精神疾患・精神障がいの参加も妨げない

第1回ソーシャルフットボール国際大会、開催内容変更のお知らせ(PDF)

第1回ソーシャルフットボール国際大会実行委員会公式ホームページにて随時情報発信中

お問い合わせはメールで以下までお願いします。
jsfa.kokusai2016@gmail.com

SFT

Sport for Tomorrowは、100カ国以上・1000万人以上を対象に、
スポーツの価値とオリンピック・パラリンピック・ムーブメントを広げていく
日本国政府が推進するスポーツを通じた国際貢献事業です。

※この事業は、スポーツ・フォー・トゥモロー認定事業です。

国際シンポジウムのご案内

国際シンポジウム

第1回ソーシャルフットボール国際大会開催記念シンポジウムが、2月26日(金)に堺市産業振興センターイベントホールにて開催されます。

森島寛晃氏(ミスターセレッソ大阪)と松波正信氏(ミスターガンバ大阪)による 「トップアスリートが見てきた世界~スポーツとメンタルヘルス~」

多くの皆様のご来場をお待ちしています。

シンポジウム案内(PDF)

日本代表チーム監督に奥田亘氏が就任

第1回ソーシャルフットボール国際大会に出場する日本代表チームの監督に奥田 亘(おくだ わたる)氏の就任が決まりましたので、お知らせいたします。

NPO法人日本ソーシャルフットボール協会キャプテン岡村武彦

JSFA岡村理事長(左)と奥田亘監督(右)

■プロフィール
奥田 亘(おくだ わたる)
1984年1月21日生まれ

【選手歴】
シュライカー大阪→バサジィ大分→シュライカー大阪
Fリーグ開幕時からプロフットサル選手としてプレー。
日本代表候補にも召集される。
現在は後進を育てる為にシュライカー大阪スクールコーチとして活躍中。
また、2年連続で精神障がい者フットサルイベントの
クリニック講師として指導経験を持つ。

■奥田 亘監督コメント
この度、監督に就任しました奥田亘と申します。
監督として責任と自覚を持ち、この大役をしっかりと務めたいと身も心も引き締まる思いです。
まだまだフットサルも発展途上の競技です。
ただそれ以上にとても可能性を秘めている魅力あるスポーツであることは間違いありません。
精神障がい者スポーツの観点からもフットサルの魅力は計り知れません。
共にこの素晴らしいスポーツを盛り上げていきましょう。
皆様、ご支援ご協力の程宜しくお願い致します。

第1回ソーシャルフットボール国際大会 日本代表

第1回ソーシャルフットボール国際大会 日本代表メンバーが決定しました!

監督 Head Coach 奥田 亘 Wataru Okuda(シュライカー大阪)
コーチ Coach 豊川 大地 Daichi Toyokawa(Safilva)
真庭 大典 Daisuke Maniwa(WEARE)
トレーナー Trainer 北川 修 Osamu Kitagawa(リベルダージ北海道)
マネージャー Manager 大島 誠 Makoto Oshima(Half Time)
岩根 達郎 Tatsuro Iwane(おこしやす京都)
ドクター Doctor 井上誠士郎 Seishiro Inoue(リベルダージ北海道)

日本代表メンバー

No. Position Name Gender Age Team Prefecture
1 GK/ゴレイロ
Goleiro
原田 洋行
Hiroyuki Harada

M
33 Espacio 千葉
Chiba
2 FP/ピヴォ
Pivô
嶋村みどり
Midori Shimamura

F
35 Espacio 千葉
Chiba
3 FP/ピヴォ
Pivô
森谷 倫香
Michika Moriya

F
23 グランゼーレ東北
Granzelle Tohoku
宮城
Miyagi
4 FP/ピヴォ
Pivô
竹田 智哉
Tomoya Takeda

M
28 Espacio 千葉
Chiba
5 FP/フィクソ
Fixo
松嵜 俊太郎
Shuntaro Matsuzaki

M
28 Espacio 千葉
Chiba
6 FP/アラ
Ala
野尻 剛
Takeshi Nojiri

M
25 グランゼーレ東北
Granzelle Tohoku
山形
Yamagata
7 FP/フィクソ
Fixo
飯塚 元気
Genki Iiduka

M
29 ダルク
DARC
東京
Tokyo
8 FP/フィクソ
Fixo
中島 大輔
Daisuke Nakajima

M
28 グランゼーレ東北
Granzelle Tohoku
宮城
Miyagi
9 FP/ピヴォ
Pivô
八木 英充
Hidemitsu Yagi

M
21 長崎ワイルドアミーゴズ
Nagasaki Wild Amigos
長崎
Nagasaki
10 FP/アラ
Ala
佐原 泰明
Yasuaki Sahara

M
29 Espacio 千葉
Chiba
11 FP/アラ
Ala
竹内 晋平
Shinpei Takeuchi

M
28 リベルダージ北海道
Liberdade Hokkaido
北海道
Hokkaido
12 GK/ゴレイロ
Goleiro
佐藤 拓
Taku Sato

M
25 グランゼーレ東北
Granzelle Tohoku
岩手
Iwate
日本代表メンバー

■競技委員長のコメント
史上初のソーシャルフットボール日本代表が決まりました。

国際大会に向けて選手、監督をしっかりとサポートしていきたいと思います。

皆様、応援よろしくお願いします。

NPO法人日本ソーシャルフットボール協会
競技委員長 真庭大典

日本代表合宿について

国際大会の会場であるJ-GREEN堺で1月23日、24日にソーシャルフットボール国際大会日本代表の強化合宿を行いました。

すべてが初めての経験でしたが、ミーティングなども含め有意義な合宿を行うことができました。

【日程】
1日目 チーム練習、ミーティング
2日目 チーム練習、強化試合、ミーティング

日本代表合宿01 日本代表合宿02

2015年10月にテバ・オーシャンアリーナで開催されたソーシャルフットボール全国大会で選ばれた代表選手たち。

北海道から九州まで、日本全国から選出されています。

強化合宿で顔を合わせ、奥田監督から指導を受けて、チームの結束を固めました。

何より貴重な場となったのは、ミーティング。

奥田監督から、自身の体験も踏まえた、日本代表選手として戦う上での心構えなどが熱く語られ、選手も強く感じるものがあったようです。

日本代表

1日目の夕方には、記者会見も開かれました。

日本代表

記者会見では、ハリルホジッチ監督はじめ、日本代表監督からの励ましのメッセージが届きました。

⇒応援メッセージはこちらをご覧ください。

2日目には、大阪選抜チームとの強化試合を行いました。

15分ハーフ(ランニングタイム)で行われ、2対1で日本代表が勝利しました。

日本代表

日本から世界へ。

大きく羽ばたこうとしている日本代表チームへの応援をよろしくお願いします!

日本代表

第1回ソーシャルフットボール国際大会・日本代表への応援メッセージ

応援メッセージ

日本代表監督の皆様からの応援メッセージ

  • 日本代表(SAMURAI BLUE)ヴァイッド・ハリルホジッチ監督
  • U-23日本代表 手倉森誠監督
  • U-18日本代表 内山篤監督
  • U-15日本代表 森山佳郎監督
  • フットサル日本代表 ミゲル・ロドリゴ監督
  • ビーチサッカー日本代表 マルセロ・メンデス監督
  • U-16日本女子代表 楠瀬直木監督
  • U-19日本女子代表 高倉麻子監督
  • 日本女子代表(なでしこジャパン) 佐々木則夫 監督

*以上、動画登場順

ブンデスリーガ
カールスルーエSC所属
山田大記選手より

シュライカー大阪
木暮賢一郎 監督/村上哲哉 選手/稲田瑞穂 選手/佐藤亮 選手

京都橘高校サッカー部の皆様

川崎フロンターレ
大久保嘉人 選手より

ガンバ大阪
丹羽大輝 選手/岩下敬輔 選手/東口順昭 選手/堂安律 選手/市丸瑞希 選手/藤春廣輝 選手/藤本淳吾 選手/今野泰幸 選手/宇佐美貴史 選手/遠藤保仁 選手

セレッソ大阪
橋本 英郎 選手/柿谷曜一朗 選手/丸岡満 選手/中澤聡太 選手/田代有三 選手/丸橋祐介 選手/扇原貴宏 選手

宮本恒靖(ガンバ大阪ユース監督)

JSFA岡村理事長(左)と宮本恒靖氏(右)

JSFA岡村理事長(左)と宮本恒靖氏(右)

■プロフィール
宮本恒靖(みやもとつねやす)
1977年2月7日生まれ
日本代表 国際Aマッチ 通算71試合出場 3得点
Jリーグ(J1) 通算337試合出場 8得点
オーストリアブンデスリーガ 通算21試合出場
UEFAチャンピオンズリーグ 通算3試合出場
現役引退後、FIFAマスターを修了し、ボスニア・ヘルツェゴビナで民族融和のためのスポーツアカデミーを立ち上げるプロジェクトを進めている。

▼応援メッセージ
「優勝目指して頑張ってください。」

奥寺康彦(横浜FC 代表取締役会長)

NPO法人日本ソーシャルフットボール協会キャプテン岡村武彦

奥寺康彦会長(左)とJSFA岡村理事長(右)

■プロフィール
奥寺康彦(おくでら やすひこ)
1952年3月12日生まれ
1977年、旧西ドイツの名門チーム「1FCケルン」から
日本人初のプロサッカー選手としてデビュー。
帰国するまでの9年間、ブンデスリーガ(西ドイツ1部リーグ)で
通算235試合に出場し、25得点をあげている。
1986年に帰国して、古河電工とプロ契約、
日本国内最初のプロサッカー選手となる。

▼応援メッセージ
「世界初の国際大会で、仲間とともに力を発揮して輝いてください!
力いっぱい闘い、その姿が多くの人に勇気を与えますように。
ステージは整いました。
あとは選手のみなさんの最高のプレーだけです。
心から応援しています。」

平瀬智行(元サッカー日本代表)

NPO法人日本ソーシャルフットボール協会キャプテン岡村武彦

■プロフィール
平瀬智行(ひらせ ともゆき)
1977年5月23日生まれ
鹿児島実高3年時に高校サッカー選手権で優勝し、
1996年に鹿島アントラーズへ入団。
1999年にはシドニーオリンピック予選の日本代表として
17得点を挙げる活躍を見せ、2000年の本大会出場の原動力となった。
現役として最後に所属したベガルタ仙台では、
2009年シーズンにチームのJ2初優勝に貢献し、チームをJ1復帰に導く。
現在はベガルタ仙台アンパサダーやサッカー解説者として活動。

▼応援メッセージ
「初めての世界大会で、みなさんの日ごろの実力が
発揮されるよう応援しています」

加藤與惠(元サッカー日本女子代表)

NPO法人日本ソーシャルフットボール協会キャプテン岡村武彦

■プロフィール
加藤與恵(かとう ともえ)
1978年5月27日生まれ
小学生から兄の影響でサッカーを始め、中学生からは読売メニーナに入団。
読売(現・日テレ)ベレーザに昇格。
代表デビューは1997年。その後は10年の長きにわたり
代表チームでの活躍を続け、不動のボランチを確立。
なでしこジャパン(日本女子代表)での代表試合の出場試合数では
3位にランキング。
現在は、なでしこジャパン及びなでしこリーグの解説者。

▼応援メッセージ
「日本代表としての誇りを胸に、全力で戦ってきてください。応援しています」

工藤優貴(元サッカー日本女子代表)

NPO法人日本ソーシャルフットボール協会キャプテン岡村武彦

■プロフィール
工藤優貴(くどう ゆうき)
1980年1月16日生まれ
小学校2年から父の影響で地元の少年サッカークラブでサッカーを始める。
大阪体育大女子サッカー部に所属し、在学時に日本代表に初選出される。
2002年よりTAKASAKIペルーレFCに所属。
2007年に浦和レッズレディースに移籍。右サイドバックとして活躍。
現在は、なでしこジャパン及びなでしこリーグの解説者。

▼応援メッセージ
「精神障がい者による、世界初の世界大会、
日本代表として誇りを持って戦ってきてください!
そして、様々な言葉、文化に触れて、チャレンジしてきてください!
応援しています!」